ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« August 2018
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

14 November '2004 - 00:08 | 雑記 紅茶

ちょっと前に、ためしてガッテンで紅茶の正しい淹れ方というのを観たのだけれど、今日、それを初めて試してみた。 正しい淹れ方とは、沸騰し始めた頃のお湯で淹れるってこと。温度は95度。それより低かったり高かったりするとジャンピングが起きないのだ。

いつも、完全に沸騰してから淹れてたから、たぶん、98度以上だったはずで、これではお湯に溶けている空気が少なくなってしまってジャンピングしないわけで、これだと紅茶のうまみが完全に出きらないらしい。

というわけで、初めてやってみたけれど完璧にできた。いやー、おいしかった。こんなおいしい紅茶は久しぶりに飲んだ。これからは紅茶を淹れるのが楽しみだなあ。

明日は、ジャンピングしてるところをよく観察するために、透明のポットを買ってこよっと。

それにしても、エルメスたんは電車男に紅茶を淹れたとき、正しい淹れ方で淹れたのだろうか。心配。

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。



  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。