ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« October 2019
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

23 January '2005 - 10:24 | アメリカ生活 生で食べられる卵を自由に買えない自由を謳歌するということ

オーナーが知り合いの知り合いということで贔屓にしている、シリコンバレーの日本人御用達のニジヤに行った。生食用の卵を買うため、それだけのためにだ。 が、しかし、なんと、非情なことに生食用の卵は売り切れであった。残っていた卵は全て米国産のものであった。日本人たるもの、米国産の卵なんてまずくて食ってられるかっての。食えます。食ってます。まずくもありません。

どうも、あまり知られていないことではあるが、実はアメリカ産のものでもたいていの卵は生で食べても大丈夫。数ある卵のすべてにサルモネラ菌がついているわけではない。考えてみれば当たり前。とはいえ、普段は生食用と謳われたものを安心して買うことができるのに、いまさら博打を打つ理由もない。それに、これ、賭けに負けたら悲惨だしね。

というわけで、卵黄を使って火を入れないドルチェ、ティラミスが作れない。作れないと食べられない。今日は「ティラミスの日」だというのに。うーん、困った。

ティラミスも自由に作れないなんて、アメリカは、なんて不自由な国なのだろうか。こうなったら、訴えるしかないな。

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。



  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。