ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« July 2019
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

27 March '2005 - 01:52 | 子育て Boreal で雪遊び

金曜日が休みだったので、一泊二日で Boreal に雪遊びに行ってきた。 残念ながらスキーをするわけではなく、ずっと前からの息子との約束で雪遊びをさせに行くだけなので、どのスキー場に行けばいいか、実はけっこう悩んだ。子供を預けて滑りまくるというのではないから Heavenly とかに行っても仕方ないだろうし。

木曜日の夜、明日行こうと思いついてから、どこに行こうかあれこれ調べてみたが、スキー場のことを書いている人はけっこういるのだけれど、雪遊び場として書いている人はあまり見つけられなかった。

なので、各スキー場のオフィシャルサイトを片っ端から調べて、Boreal を選んだ。選んだ理由は、スキーなしで家族で遊ぶ場所が専用に確保されていること、最後まで高速道路で行けること、など。Bear Valley で雪遊びという手もあったのだけれど、ちょっと息子のレベルじゃないし、車に乗るとすぐにぐずる娘的にも、できるだけ高速で行ける方が楽かとも思ったので、今回は Boreal にした。

どこでもソリ用の場所というのはあるようだけれど、小学生くらいがやるようなレベルだと、うちの幼児ではまだ激しくて無理だし、それくらいのお子様でも遊べる場所があるというのが重要。

で、家を10時過ぎに出て、子供たちの休憩を入れて、4時間半ほどかけて到着。高速の exit を降りた瞬間にゲレンデなので、超便利。伊那を思い出したけれど、伊那よりも便利でリフトも多いし、伊那よりはぜんぜんいい。まあ、実際に Boreal では滑ってないから比較はできないけれど。ちなみに Boreal はボーダーがすごく多かったので、すごく滑りたくなった。もう、4年もスノボやってない。

コネチカットにいた時は、1時間も走れば Boreal 程度のしょぼ目のスキー場はいくつかあったし、2時間も走ればニューヨークとペンシルバニアのスキー場にも行けたし、4時間も走るなんて、ここは日本かよって思ったけれど、まあ、仕方ない。ていうか、コネチカットにいたら、家の前で雪遊びして十分なんだけどな。なんか、たかが雪遊びにこんなに苦労して金かけて、なんていうか、金払ってカブトムシを買ってやる親のような心境だな。わからんけど。

で、playground で雪遊びをしようと思って行ったら、一人 15ドルと言われて、さすがに馬鹿馬鹿しくなってやめた。3時から1時間くらい雪を触って遊ばせるだけで、30ドルも払ってらんない。

というわけで、playground の柵の周りで遊ぶことにした(笑)。これならタダだしね。雪だるまを作ったり、まだ誰も足を踏み入れてない綺麗な雪の上を歩いてみたり、息子はそうとう楽しめたようだ。いつまで経っても帰りたがらないし、もっと遊びたいといっていた。車に乗ってからも、かなり興奮して、また来たいと何度も言っていた。連れてきた甲斐があるというものだ。

結局、5時ごろやっとスキー場を発ち、宿を探す旅をはじめた。いつもながら、とくに宿の予定もなしに来たので、宿の多い Reno まで30分ほど走って、適当に入ったホテルに満室ですと断られながらも、そのへんの新聞を見ながら適当に電話をかけて空室のある宿を見つけて、無事に宿泊。

そういえば、4年前、I-80 の東の端から西の端まで引越しで走ってきた時は、今回泊まったホテルの向かい側のモーテルに泊まったのだった。Reno は、久しぶりの街らしい街で、本当に久しぶりにまともなメシを食えて嬉しかったのを思い出す。あの時は、息子は女房の腹の中にいて、娘の染色体の半分はまだこの世に存在すらしていなかった。我が家、二度目の Reno 訪問は、チームメンバーが前回のなんと二倍にも増えているのだから、我が家の生活スタイルはあの頃とは 720度変わったと言っていい。



さて、今日も帰りしなに適当に雪遊びさせようかとも思ったのだけれど、Tahoe の湖畔を回って遠回りしたりしていたら、子供たちは寝てしまったし、時間もなくなってしまったので、今日はそのまま何もしないで帰ってきた。

I-80 で帰るのとは違い、Tahoe を通って帰るとものすごく時間がかかってしまうわけだが、大きな収穫もあった。Tahoe の周辺には 3箇所、親と一緒に子供たち(推定 2歳から10歳程度)が勝手に遊んでいるちょっとした遊び場があって、そこでは各自持ってきたソリを使って自由に遊んでいたのだ。スキー場ではソリを持っていっても使わせてもらえないし、スキー場が用意しているソリ場は息子のレベルじゃないし、Boreal は高いし、どっか他にいいところはないのかと思っていたので、これは嬉しい発見だった。あるんじゃん、ちゃんと。やっぱ、実際に行って、自分の目で見てみないと分からないね、こういう場所は。次回はあそこで思い切り遊ぼうと思う。そういうところなら、タダで息子のレベルにあったソリができる。

というわけで、Reno まで I-80 で 250マイルを 4時間半。Reno から Tahoe 経由で 280マイルを 5時間半。おつかれさまでした。

なお、今回の唯一かつ最大の誤算は、ホテルで、さて寝るよ、となってから息子が放った次の一言だった。
「そうちん、おうちにかえる :-(


か、帰れません。今日は、ここで寝るんです。いまさら、そんなに怒らないで下さい。orz

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。



  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。