ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« May 2019
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

21 April '2005 - 03:52 | NBA Nets at Celtics

今日、好物の Garlic Fries をほお張り、Warriros の最終戦をぼんやりと観戦しながら、おれがずっと考えていたことは、はるか 5,000km も東でやっていた Nets の最終戦、対 Celtics 戦であった。この試合に Nets が勝てば Playoff 進出が決定、もし負けて Cavaliers が Raptors に勝ったらアウトという、最高に緊迫した展開になっていたのだ。

まさに、 Win or Go home だった。

最近、不調の Cavs とはいえ、最後の Raptors 戦に勝てば Playoff 進出の目が残るわけだから、最後の一試合にかける気合は違うはず。そして、運のいいことに、相手はこれまた最近不調の Raptors だから、勝つチャンスは多いにある。先日の Celtics 戦でも大勝したし、きっと Cavs は勝ってくるに違いない。

つまり、Nets としては Cavs が勝つか負けるかどうかではなく、目の前 Celtics に勝って、地力で Playoff 進出を決めるのが大事ということ。

で、Warrios 戦を見終えて、フリーウェイをかっ飛ばして家に戻ってきて、さっそく TiVo で録画された試合を観始めた。緊張しながら観ていると、どちらもつまらないミスを連発して、なんともしまりのない展開だと思っていたのもつかの間、あれよ あれよという間に、第 2Q の途中で 30-49 という状態になってしまう。まじかよ。その瞬間はさすがに頭の中が空っぽになり、髪の毛が真っ白になりましたよ。orz

だって、何が何でも絶対に勝たないといけないという試合なのに、前半からいきなりボロ負けでどうすんねん、と。この試合、ケルト人たちは勝っても負けても どっちでもいい試合だけれど、Nets は負けたらシーズンが台無しになるという、最高に重要な試合。かかるプレッシャーが半端じゃないのは分かる。でも、前半で 19点差もつけられたら話にならないでしょう。テレビにかぶりつきで観ていたおれの魂が耳からするすると蒸発して抜けていくのが分かりましたよ。

しかも、画面下にテロップで流れる、裏でやっている Cavs 対 Raptors の途中経過は思いっきり Cavs の勝勢という駄目押し。

まあ、こんな大事な試合をボロ負けして、Cavs がきっちり勝ってきたのなら、Cavs こそが Playoff に出る資格があるってことなんだろうなあ…なんて半分泣きそうになって観ていたわけだが、なんと、ここから我が Nets は気持ちを完全に切り替えて、徐々に Playoff レベルの intensity を見せ始める。

楽勝ムードでつまらないミスを連発する相手に対し、確実にポイントを拾って徐々に点差を縮め、なんとか前半で 47-58 まで盛り返す。ハーフで11点差なら、まだまだ大丈夫。

そして、11点差を追う展開だから、第 3Q の最初が肝心だぞ、と思って必死に応援していると、気合全開の Nets はそのままどんどん点差を縮めていき、意気消沈する相手に、都合なんと 20-2 の run を決め、とうとう逆転に成功する! うおー!!!

いやー、一時は微妙に諦めかけたのだけれど、本当に久しぶりに興奮した。だって、あれですよ、奥さん、19点差を逆転ですよ、いくら氷の心を持つと言われ るおれでもまじで興奮しますって。ほんと、興奮しすぎて、静かに DEATHNOTE の 6巻を読んでいた女房のジャマをしまくってゴメンなさいってことですよ。

で、結局、第 3Q のスコアは 32-8 という圧倒振り。ボロ負けのはずが、大逆転。最高っす。どうせなら FSN じゃなくて YES で観たかったすぎっす。

というわけで、結局、我が寵愛の Nets が 102-93 でダメダメケルト野郎ズを木っ端微塵に破って、地力で Playoff への進出を決めましたとさ。ヒイャッホーィ!!


いやー、だいぶ前から、今年は久しぶりに Playoff は関係ない年かと思っていたのに、我が Nets、本当によく頑張りました。最後の 20試合で 15勝もして、無理やり 8位に滑り込むなんて、今の強さはまさに本物と言えるでしょう。やはり、Kidd が好調だとチームの雰囲気もよくなって、強さを発揮するねえ。

それにしてもこんな展開になるなんて、今年も楽しみだなあ、Playoff は。


日曜日から始まる Nets のPlayoff の一回戦の相手は東の王者 Heat。過去のデータ上、8位のチームが 1位のチームに勝ったことはほとんどないし、Playoff で活躍することはないのが 8位のチームなのだが、99年の Knicks という例外も記憶に新しい。8位に滑り込んだチームが、史上初めて Final にまで行った、あの年だ。残念ながら Spurs に負けて優勝はできなかったが、感動的な Playoff だった。そういえば、あの時の Knicks の一回戦の相手は Heat だった… ;-)

さて、その Heat は最近10試合では 5-5 とかなり調子を落としているし、Shaq はケガで出られない可能性もあるということだし、もしかしたら、今の Nets なら大番狂わせの可能性もけっこうある。Shaq さえ何とかなれば、勢い的にも実力的にも十分ありえる。うーん、ドキドキしてきた。ドキドキしてきた!!!

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。



  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。