ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« November 2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

28 June '2005 - 00:13 | 美食 桑港市一番のタピオカ

領事館で一仕事を終え、駐車場に戻る道すがら、小腹が空いたなあという我々の胸のうちを察するかのように、一枚の看板が挑戦状を叩きつけてきた。

「Best TAPIOKA in the City」 だと。

Tea Garden と名乗るその怪しすぎる Tea Stand に入ってみると、中では怪しい爺と婆が中国語で談笑していた。客が来たことに気づいても、腰を上げようともしない。

とりあえず、壁にかかったメニューをざっと見る振りをしながら、女房に聞いた。Milk Tea か Black Tea か。

時のころは夕方 5時。晩飯の時間も近いし、ひとつを全員でシェアするってことで、おれよりもさらにワガママな我が息子の好みを優先。Black Tea で戦うことにした。

まったく、鬱陶しいなあといわんばかりの態度でやおら Black Tea with Tapioka を作り始めた爺。

みたところシール機はないし、ふつーに蓋で出てくるんだろうなあ、ダサいなあ、でも桑港市で一番っていうくらいだからなあ、どれどれ。

はい、できたよ。$2.50 ね。
えーと、Black Tea を頼んだんですけど?
Black Tea だよ。
いや、これは Milk Tea ですよね。
ああ、そうだよ。でも、Black Tea だよ。
いや、これは Milk Tea であって Black Tea じゃないですよ。
あんた、何いってるんだ?Black Tea だって言ってるだろう?
おいおい、どこのだれがこれを Black Tea っていうんだよ!?
世界のどこに行っても言うよ!
ふざけんなよ。少なくとも Hillsdale の Tapioka Express じゃ、言わねーよ。
まったく、だったら、どうして欲しいんだよ?
だから、Black Tea 出せっての。
これが Black Tea だって言ってんだろ。
ふざけんなって。Milk の入ってる Black Tea なんてねーよ。Milk 入れるなってんだよ。
だったら最初からそう言えってんだよ。
この店は Black Tea と Milk Tea は一緒だって、最初に言えよ。
世界中、どこ言っても一緒だってんだよ。

激しいやり取りの末、爺は仕方なくおれが注文したものを作り始めた。それにしても、ミルクティをブラックティだと言い張るとは呆れた店だ。

作っている間、壁にかかったメニューをよく見てみたが、Black Tea はどこにもなかった。どうやら、この店では Black Tea と言ったら 1番の Milk Tea のことになるというのは事実なのかも知れない。バカか。

そして、やっと出てきたその代物は、見た目は確かにおれの注文したものだったのだけれど、味はヒドイを通り越していた。一言で言えば黒糖を水で薄めたよう な味で、とても常人に飲めた代物ではなかったのだ。もしかしたらミルクと混ぜると美味くなるのかも知れないが、そのままではとても飲めそうもない。要す る、この店には Black Tea というメニューは存在しないってことなんだろう。

不味すぎて笑えてくるのだが、それをみんなで代わる代わる味見する。タピオカは柔らか過ぎてストローの途中でいくつかが詰まってしまったりするし、一体これは何なんだろうと思いながら。

市内で一番って、一番不味いってことだったのだろうか。でも、それなら Best じゃなくて Worst じゃないといけないのになあ。まだ、英語がよく分かってないのかも知れないな。教えてあげないと。

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。



  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。