ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« July 2019
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

02 August '2005 - 03:10 | アメリカ生活, DMV 直球勝負の DMV

先日の「運命の鍵を握る二人」の続き。

必要な書類は全て揃えたので、DMV で最後の戦いだ。

予約が取れた一番早い時間が 9:20 だったので、まずは素直に 9:20 に予約を取る。そして、昨日の朝 9:10 ごろ、無事に戦場に到着。書類を何度も確認。準備万端。

が、整理券を配る係員の前にはいつも以上の長蛇の列が… 見るからにどうしようもないルーザー系が勢ぞろいという感じで、並んでいる連中のほとんどは予約なし。朝早く来てなんとか滑り込もうという作戦なわけだ。 ていうか、おまえら予約しろよ… 予約もしねーでぞろぞろと並びやがって、まったく邪魔すぎるんだよ…

おれのひとつ前にいた人は、予約してあんのにまったくよおとブツブツ言っている。初心者である。おれのひとつ後ろの人も予約番号をプリントした紙を持って いて、まあ、いつものことだ、馬鹿馬鹿しいけれど… と諦めの境地。上級者。おれの 10人くらい後ろの今ついたばかりの初老の女性は、予約があるんで前に行かせて下さいとアピールし、おれとおれの前後の連中から、おれたちも予約があるの にこうして並んでるんですよ、と言われる。超初心者。

結局、整理券をもらうまでに 30分ほどかかり、やっと、正式に待つことが許されたのは 9:45 だった。予約がある人とない人とを分けて整理券を配るとかしてくれるだけで、かなり改善されることは明白なわけだが、そんなことをしたら DMV の価値が削がれてしまうので、絶対にそういうことはやってはいけない。

DMV の存在意義とは、どんな簡単なことでも官に任せるとろくなことにはならないと、アメリカ国民に例示し続けることにある。DMV でできる処理のいくつかは、じつは AAA でもできるのだが、両者を比べるとその違いは鮮明だ。客としての立場、扱いは月とすっぽん。世の中には官にしかできないこともたくさんあるけれど、基本的 に、官を信用しない、頼り過ぎないというアメリカ人の自立したの精神を育むための大事な機関のひとつが DMV なわけだ。


さて、必要以上に待たされるのに耐えるという戦いは、当然ながら予選。ここで平常心を失っては本戦は勝ち抜けない。こんなことでは、なんとも感じないのが プロ。おれの税金で養ってやってる哀れなルーザーに、何も求めてはいけない。彼らは何もできないからこそ DMV で働いているのだし。

いったん整理券さえ手に入れてしまえば、予約をしてある人たちが微妙に優先的に処理してもらえるわけで、待ち合い場所でこれから半日くらい待たされるであ ろうルーザーを尻目に、さっさとおれの順番が回ってきた。時刻は 10:00 を過ぎたところ。今日の敵は、年配の白人のおっさん。ちょろいな、こいつは。ふっ。勝ったも同然。

おはようございます。
おはようございます。ご用件はなんでしょう。
(挨拶がちゃんとできて偉い、偉い。たまたま隣にいた、先週の敵にわざと冷たい視線を投げかけるが、当然無視される)
ぼくの車をぼくのものにしたいんです。で、そちらの女性から指示されたとおりに、必要な書類を全て持ってきました。
見せてください。これが Charles さんから Beth さんへの名変の書類で、これが Beth さんから貴方への名変の書類ですね。で、これが Title 再発行の書類、と。
はい。そこの彼女に言われたとおりに持ってきました。
えー、債権放棄の書類がないですね。ローン会社が債権放棄をしていないようですので、このままでは名変できません。
キターーーー!!!。やはり、そういう作戦でしたか。いや、実は、そうくるんじゃないかと薄々は気づいてたんですけれど、さすがにそこ までコテコテには来ないと思ってたんです。でも、大事なところでは直球勝負なんですねえ。ていうか、そんなもの用意するようにはひとことも言われないんで すけど。
彼女がなんで言わなかったのかは分かりませんが、必要です。ローン会社はサンアントニオのこの住所です。ここにこれを郵送して、書類を返送してもらってください。
必要なものはこれだけかと、何度も確認したんですよ。ぼくは、今日ですべてを終えられると思って来てるわけですよ。テキサスから返送してもらうまでに、また、時間がかかるじゃないですか。
ええ、そうなんですけれど、とにかく処理に必要なので、後日、持ってきていただけますか。
はあ…

あのー、すみません、ちょっといいですか、書類が足りないってこちらの方に言われてるんですけれど、どうして必要な書類を全部教えてくれなかったんですか?
はあ?何の話?ああ、これか。これはねえ、複雑なケースで必要な書類が多いんで、一度に全部言うと混乱すると思ったからですよ。順番にやらないと間違えるしね。
うーわ。親切に気を使ってくださって、本当にありがとうございます。それにしても、すごいこと言いますね。ぼくは、今日、1時間もここ で無駄にしただけでなく、その書類が手に入ったらまたここで時間を無駄にするわけです。先週、教えてくれていたら、もう手に入っているかも知れないんです けどね。
せっかく親切に詳しく説明してあげたのに。
ええ、非常に助かりました。でも、もっと詳しく教えて欲しかったですね。
では、後日、この書類をもって来てください。
次回を最後にしたいので、他にも必要な書類があったら、今、教えてください。
これで全てです。
まあ、そう言わないで、本当のことを教えてくださいよ。実はまだあと二つくらい何かが必要なんでしょう?
いえ、安心してください。これで本当に全てです。ただ、今日持ってこられた書類にも記入漏れがたくさんありますので、マークしておきますから、記入してきてください。
先週、彼女も必要項目をマークしてくれましたけれど、本当はまだいくつも書くべきことがあったんですね。なるほどね。たくさんのワナを仕掛けるんですねえ。教えてくれてありがとう。
いえいえ、どういたしまして。


そういうわけで、最大の難関はクリアしたのに、DMV との戦いはまだ続く… orz

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。


しばし唖然…公的機関の評価制度はないの??
カウンティオフィスとかにクレーム出来ないのかな?これはひどいといってもあまりにも…
どんなにひどくても、犯罪じゃない以上は社員をクビにできないから、改善するのは無理でしょうなあ。恐ろしく改善するかわりに、例外が発生したら民生委員から一筆もらって来いって言われるような不条理を受け入れたいかって言われれば、答えは相変わらず否なんだけれどね :-p

  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。