ぼんやりと考えている人

ひろしまなおき (廣島直己)
名前: ひろしまなおき (廣島直己)
住処: シリコンバレー
職業: しがないプログラマ
家族: 愛妻一人、息子一人、娘一人
道具: ハーレー二台、ギター三本
電紙: n at h7a.org

Twitter

« August 2018
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

以前にぼんやりと考えたこと

最近のコメント

  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): じゅくじくんは なくした ほうが いい ですね。ぼくは…
  • たんぽぽ (ひらがなせいかつ …): きゅうに ぜんぶの ことばを ひらがなだけに する…
  • とね まさひこ… (ひらがなせいかつ …): ぼくは ものかき だが, かんじが きらいなので,…
  • とりえ (ひらがなせいかつ …): このさいとは みているだけで なんとなく ほんわか…
  • ひろしま (思い通りの日本語…): こうどな ほんを よめなければ、こうどな たんごを 学…
  • nt4 (思い通りの日本語…): ひらがなせいかつに初めて接し、興味を覚えました。そ…
  • ひろしま (ひらがなせいかつ …): やはり、がいこくに くらしていたり、がいこくとの か…
  • ぷりうりうぷ… (ひらがなせいかつ …): こんにちは。すうぇーでんに すんでいます。いとうさ…
  • Joi Ito (ひらがなせいかつ …): もと べいにち たいしの Edwin O. Reischauer さん…
  • yonay (理屈じゃないとい…): なんか、著者の主張を誤解しているような気がするよ。…

  • Powered by Pivot - 1.40.5: 'Dreadwind'
  • SPAM Poison
  • XMLフィード(RSS 1.0)
  • Atomフィード

08 September '2006 - 20:17 | 単車と旅 Sturgis 2006 (その7)

旅の七日目、八月十一日。金曜日。

八時起床。カーテンを開け、外を確認。空は真っ白。

相変わらずウェザーチャンネルは Scattered Thunderstorm と言い張っているが、気にしない。降るなら勝手に降れ。いや、降るな。

モーテルのオフィスに朝食を取りに行ってみる。コーヒーしかない。ドーナツはないのかと訊いてみたら、そっけなくないという。売り切れではなく、最初からないらしい。ちぇっ。

荷物をまとめ、さっそく出発する。八時半。

US-36 を少し戻って US-283 との交差点に来てみると、むこう側にマクドナルドが見えた。おぉ、久しぶりに朝マックにしよう。毎朝、最低ランクのジャンクフードの朝食なので、朝マックというだけでものすごく贅沢に聞こえる。

店に入って、すぐに注文。ソーセージ・エッグ・マックマフィンとコーヒー。選択肢は一つなので迷う必要がなくていい。が、なんと C はマックグリドルズを頼む。日本にはないメニューらしい。あるわけない。

マフィンの代わりにメープルシロップのかかったパンケーキ。甘い香りが漂ってくる。ウマイ理由がない。嬉しそうに食べる C。だが、どう見てもウマそうに見えない。

「日本人のくせに、よくそんなもん食えるね」

「ほんとうは食べてみたいくせに」

「ほんとうは後悔してるくせに」

「欲しいって言ってもあげないよ」

負けず嫌いでは、お互い誰にも負けない自信がある。

地図を見ながら、コースを検討。バイカーたるもの、来た道を戻るわけにはいかないので McCook に寄るのは諦めて、素直に US-283 を北上していこう。

北上して I-80 にぶつかったところで、少しだけインターステートを走ることにしよう。サービスエリアがすぐにあるから、そこでクーポン冊子を拾っていこう。ここまでまったく見つけられていないクーポン冊子だが、さすがにサービスエリアならあるはずだ。

モーテルはすでに Y が確保したから要らないといえば要らないが、あって困るものでもないし、ワイオミングまでカバーされてれば今後も役に立つ。

九時十分、Norton を出発。数時間後には Y たちに会える。心が躍る。US-283 を北上。

九時二十分、not quite good life のネブラスカ州に到着。ヘルメットをする。

十時十五分、I-80 との合流点に到着。70マイル (112km) 位の距離を一時間くらいで走ってきたわけだから、なかなかいいペースだ。何もない道を走るのは楽だ。

Exit-237 から I-80 にのり、西に向かう。10マイルほど走ったところでサービスエリアに到着。

が、お目当てのクーポン冊子が見当たらない。うーむ。どうしてしまったんだろう。サービスエリアにモーテル情報がなくて、どうするんだよ。なぜ見当たらないのかさっぱり分からないが、ないものはない。仕方ないので、先に進む。

十時半、Exit-222 で I-80 を降り、Cozad でガスの補給。

と思いきや、このスタンドにはハイオクがない。うーむ。見た目、ふつーのスタンドなのに、何ゆえハイオクがないのだろうか。ここまで、どんなボロい店でもハイオクがあったし、ハイオクしか入れてこなかったのに。まあ、ないものは仕方ない。オクタン価 89 のガスを入れることにする。

ついでに水を買い、レジでお金を払っていたら、地元の兄ちゃんから声をかけられる。「よー。スタージスに行くのかい?」

アメリカ人は、相手が誰だろうといつも話がしたくてうずうずしている。どうでもいいことをベラベラと話していないと寂しくて死んでしまう。口から生まれてきたような連中ばっかりの国だ。

そうだと答えると、「やっぱり、そうか、そうだと思ったよ。スタージスなら 83 を上がっていくのがいいぞ。それから 2 もいいぞ。だいぶ前だけど工事をして綺麗になってたしな。20 もいいけどトラックが多いからオススメしないな。まあ、あれだよ、北上する道はどれも走ったことがあるけど、どれも最高だよ。ああそうだ、地図とか持ってないのかい?持ってたら詳しく教えてあげられるんだけどなあ」客を見つけたとばかりに、ものすごい勢いでまくし立てる。

どうやら道に詳しそうだし、話がしたくて仕方がないみたいだから、話を好きなだけさせてやろう。地図を広げて説明させる。

自由に話をさせていたら、必要ないことまで説明を始めたので、こっちの訊きたいことを重点的に質問攻撃する。こういう親切すぎる人は、いくつか質問して答えさせてあげると、すごく役に立った実感をもって、満足して開放してくれる。そうしないと、いつまで経っても話が終わらない。

「なるほどね。すごく参考になったよ。ありがとう。」

どうやら、考えていた道よりももっといい道があるということが分かったので、川沿いを走ろうと思っていた計画を微調整する。

十一時前、US-30 を西に向かう。Gothenburg から NE-47 を北上。

十一時四十分、NE-47 は NE-40 になり、十分後、Arnold に到着。Arnold からは NE-92 に乗り換え、西に向かう。

NE-92: 誰も走っていない田舎道 in Nebraska

もう、どれだけ走ってもめったに対向車とはすれ違わない。時々すれ違う対向車の半分以上は、ハーレーだ。スタージスに近づいている証拠だ。

気がつくと、道の脇にたくさん見られたとうもろこし畑はなくなり、なにもない草原になっている。ときどき牛や馬を見られる以外に何もない草原。あまりに気持ちよくて、眠たくなってくる。

十二時、スタンドであった兄ちゃんオススメの US-83 に乗り換え、北上。たしかに気持ちいい道だ。

大きく起伏し、坂の向こうの風景はまったく見えない。坂の向こうに見える景色が待ち遠しくなる。なだらかにいつまでも続く上り坂を越えると、またさっきと同じように起伏の激しい田舎道が続く。素晴らしい。やはり、地元のことは地元の人に訊くに限る。

十ニ時半、Thedford から NE-2 に乗り換え、西進。今日の目的地、Chadron はちょうど北西の方角にあるので、北上したら西進し、西進したら北上し、の繰り返し。

十二時四十五分、Seneca を越えて、マウンテン夏時間に変更。時計の針が一時間もどって、十一時四十五分になる。まったく気にしない。

十二時前、Mullen でガスの補給。またしてもハイオクがない。89 を入れる。

それにしても、ネブラスカ州にはオクタン価 91 以上のハイオクはないのだろうか。ハーレーの推奨は 91 以上なのでできれば 91 以上で入れたいのだけれど、どのスタンドに寄っても 87 と 89 の二つしかない。しかたないので 89 を入れておくが、坂道を五速で登ると時々ノッキングするのが分かる。四速で登ればいいのだが、トルクフルなのがハーレーの乗り味なので、やはり五速の低回転でだらだ らと登りたい。

ちなみに、このオクタン価について「少し」知識がある人は、日本のオクタン価と比べてすごく低いアメリカのオクタン価を見 て、アメリカのガソリンはとても質が悪いと勘違いするかも知れない。したり顔でアメリカのガスは質が悪いなどというと、「もう少し」知識がある人にバカにされる かも知れないので気をつけないといけない。

ポンプをよく見ると分かるのだが、アメリカのオクタン価は (R+M)/2 という基準で量られている。RON 基準と MON 基準の平均値という意味だ。日本や欧州のオクタン価は RON 基準だが、MON 基準の数値は RON 基準のそれよりも 10ポイント程度低いので、同じガソリンでもアメリカ基準の方が低い数字になる。つまり、書かれている数値だけを見て、日本のレギュラーとアメリカのハイオクが同じくらいのオクタン価だと考えるの は、とんでもない勘違いなのだ。実際、アメリカの 87 は、日本や欧州の 92〜95程度であり、日本のレギュラーよりもオクタン価は高い。

当たり前のことだが数値は同じ単位で比較しないと意味がない。2センチと 1インチを比較して 2センチの方が長いと思ってはいけない。数値を見たら、まず正確な単位を調べないといけないということだ。

さて、おなかも空いてないし、疲れてもいないし、たいしたものも売ってないので、さっさと先を急ぐことにする。

一時前、Hyannis の大き目のスタンドで昼飯。C はいつものジャンクフードを買ったが、せっかくいろいろ売っているスタンドだったのでピザにしてみた。いくつか種類があったので、一番具の多かったピザコンボにしてみた。

ら、それだけが切れていて、一から焼き始めてしまった。焼きたてが食べられるのは嬉しいのだけれど、そんなどうでもいい昼飯に時間をかけるのも馬鹿馬鹿しい。結局、十分以上待たされた。焼き立てでおいしかったけれど、さっさと昼飯を済ませていた C をだいぶ待たせることになってしまって申し訳なかった。

熱々のピザを急いで食いながら、頭上にかけてあったプラズマテレビに目をやると、音が聞こえないので何を言ってるのかは分からないが、なにやらテロ関係の放送をしているっぽい。ロンドンがなんとかって出てるけれど、もしかしてイギリスでテロでもあったのだろうか。世間の情報からだいぶ遠ざかっているので、世界中のどんな不幸もまったく別世界のことに感じられる。世の中の、何たる不公平なことか。

一時半、Hyannis を出発。NE-2 をさらに西進。

NE-2 は路面の状態がそれほどよくなく、バイクで走ってもあまり楽しい道ではなかった。いやになってきたので Ellsworth から NE-27 を北上する。二時過ぎ。

NE-27 の北上は大正解。地元の兄ちゃんも言っていたとおり、北上する道はどれも最高だ。US-83 よりもさらに起伏が激しく、こんどはカーブも多い。

NE-27: 起伏の激しい Scenic Byway in Nebraska

だいたい、直線で 85MPH (136km/h)、カーブは 70MPH (112km/h) くらいでぶっ飛ばす。ほとんど二人占め状態の田舎道。最高だ。

時々、忘れた頃にすれ違う相手のほとんどはハーレー。誰も走ってないこういう田舎道をわざわざ選んで走っているのは、ほんとうの好き者しかいない。すれ違うたびに手を上げて挨拶する。バイク乗りの挨拶。

止まっていると気温はそれなりにあるが、今日は朝からずっと雲り空なので、走っているとけっこう涼しくて快適。バイクに乗るには、じつはこういう日の方が楽でいい。ピーカンの日も悪くはないのだが、やはり雲ひとつない青空で太陽の下を走るのは物凄く疲れる。動いているから問題ないような気がするが、よく考えると、太陽からみればバイクなんて止まっているのに等しい。つまり炎天下の野外でじっとしながら扇風機をあびているのと変わらない。これを二時間もやってたら、そりゃ疲れる。

曇りは曇りでなんとなく損した気分だが、暑くないというのは本当に楽でいい。

GPS で現在位置を拡大してみると、Chadron がすぐそこに見えている。おお、もうすぐだ。テンションがあがる。

と、その時、前方に黒い影がうっすらと見えてきた。雨雲だ。うーむ。来るか。

カッパを着るのは面倒くさいなあ。祈りながら走っていると、左手に雨が降っているのが見えてきた。自分たちの真上にはまったく雲がないが、左手には雨が降っているのがはっきりと見える。

NE-27: 雨と晴れ間の差がはっきりと見える田舎ならではの光景

目の前の道が左にカーブしていくと、さっきまで左にあった雨が前方に移動する。げげ。やっぱり、あれに突っ込むのか。

さっきまで左手に合った真っ黒な雨雲が、前 方に垂れ込めている。来るのか、来ないのか。

雨が降っている地帯と降っていないところの差が、さっきよりもはっきりと見える。田舎に来るとよく見る光 景。

こういう何もないまったいらない所では、決して、雨は突然降ってきたりはしない。頭上にある雨雲が辛抱たまらず降り始めるか、さっきから雨が降ってい るところに自ら入っていくか、そのどちらかしかない。

さっきから、ずっと、自分たちの頭上に雨雲はないのだが、向かう先では雨が降っている。今走っているこの道が、その場所に入っていくのか、入っていかないのか、走ってみなければ分からない。

こういう田舎ではあまりに道が少なすぎて、道の選択肢はまったくない。ひとつ選んだら、その道を一時間ほど走らないと他の道に合流しないのが当たり前。つまり、避けたくても避ける方法がまったくない。雨に突っ込もうが突っ込むまいが、ただまっすぐに北上して、US-20 に出る以外の選択はない。

祈りながら走る。

結局、自分たちが走った道には雨が一滴も降らなかった。ただ、ずっと雨の真横を走っている感じだった ので、まったく気が抜けなかった。

二時五十分、果たして、運良く雨には一滴も濡れずに Gordon に到着。ガスの補給。やはり、ハイオクはない。

ここからは US-20 で Chadron まで一本道だ。ガスを入れたらさっさと出発。気持ちがはやる。

US-20 を西進し始めるとすぐに北からの強風に悩まされることになる。あまりの強風のため、バイクを右に傾けた状態でまっすぐ走らないといけない。体力も神経も消耗する。この道を反対側から東進して Chadron に来るであろう Y もこの強風の中を走ることになるだろう。二人乗りだから、自分たちの何倍も風を受け止めながら走らないといけない。大変だろうなあ。

この強風のおかげでさっきまで左側に停滞していた雷雨がさらに南側に向かってくれたのだろう。前方には雨の気配はまったくないが、左側では雨が降りしきり、雷が落ち続けている。

四時前、Chadron に到着。Y が予約して確保しておいてくれた Motel-8 にチェックイン。Motel-8 のくせに 132ドル。明らかにスタージス料金。スタージスが終わったら、閑古鳥が鳴き続けるに違いない。

部屋に入ってクーラーを全開にする。走っていれば涼しいのだが、止まると暑くてやってられない。気温は 30度近い。

ブーツを脱ぎ、ジーンズを脱ぎ、短パンに着替えてゆっくりくつろぐ。体も十分に冷えたころ、サンダルをはいて、近所を少しだけ散策。夜のために酒屋をチェック。

外は暑くて疲れるので、さっさと部屋に退散。こんな暑い日に外に出てる人の気が知れない。クーラーの効いた部屋でのんびりとテレビでも見る。

それにしても、Y はいつごろ着くだろう。

今日は、とくに寄るところもなかったし、当然ながら渋滞も町もなかったので、あっという間に目的地に着いてしまった。Y もこの町までは同じくらいの距離だろうけれど、嫁さんも乗ってるし、ペースも遅いと言っていたしなあ。

外でハーレーの音がするたびに窓から外を覗く。「どう?」「違った」何度も繰り返す。

ロビーにあったパソコンでネットを見たり、ロビーでお茶を飲んだり、久しぶりに骨の髄までくつろぐ。部屋に戻ってどうでもいい話を C と駄弁る。

そして、待ちに待ったその瞬間がやってきた。

「お、ハーレーが来るね」「うん、近い、近い」「お、すぐそこに止まったね、ここかな」「どれどれ、おおお、二人乗りしてるよ」「来たかな?」「キターーーーーーーー」

窓を開け、外の熱い空気を全身に浴びながら、Y に手を降る。「おーい、ここだよ!」「おー!!」

当たり前だけれど、予定通りに再会できて本当によかった。それにしても、ここまで、二人でよく頑張ってきたなあ。

とっくにチェックインしてすっかりくつろぎ切っているおれと C の部屋に、Y と Y の嫁さんがあがってくる。Y の嫁さん H ちゃんにはじめましての挨拶。

三年前、おれと Y がモニュメントバレーで奇跡の再会を果たしたその時、H ちゃんは部屋にいて出てこなかった。すごく会いたかったけれど、おれも時間がなかったし、早朝だったし、無理を言っても仕方ないと思って、その時は素直に諦めた。

半年ほど前、LA に遊びに行ったとき、予定通り Y とは会えたのだけれど H ちゃんは一緒じゃなかった。勉強が忙しいという理由で、おれとは会ってくれなかった。

先週、うちに泊まる約束だった金曜日、風邪を引いたというもっともらしい理由でうちには来なかった。

すぐそこにいるのに会ってもらえないという状況を三回も繰り返され、どうすれば気に入ってもらえるか、どうすれば許してもらえるか、自分なりに一所懸命考えたりもしたけれど、結論は出なかった。とにかく、会って、釈明させてもらうしかない。

そして、今日、とうとう、会えた。 「なんで嫌われてるのか分からないけれど、とにかく会えて嬉しいなあ!!」

二人が着替えをすませ、準備ができたところで晩飯を食いに行く。何があると言うわけでもないが、目の前にダイナーがあったので、そこに入ることにする。

みんなはステーキを注文したが、なんか毎日、肉ばかり食ってる気もしたので、なんとなくラザニアにしてみた。予想通り、量は多すぎだったけれど、味はまあまあ。

飯を食いながら、今日までどんな旅をしてきたか、お互いに報告しあう。話が弾む。

ダイナーを出て、酒屋でネブラスカの地ビール「Lunasea E.S.B.」を買って部屋に戻って、とりとめもなくだらだらと駄弁る。最高に楽しい。

一段楽したところで、Y と H ちゃんは洗濯をする。二人分の着替えというのはものすごい勢いで溜まっていくらしい。洗濯機があるならついでだし、自分たちも洗濯をすることにする。

洗濯している間、とくにすることもなかったので、C とプールで泳いだりネットを見たりして過ごす。こういうどうでもいい無駄な時間が最高にくつろぐ。

ああ、あしたはとうとうスタージスだなあ。

  • 総合走行距離: 2710.04 マイル (4361.38 km)
  • 今日の走行距離: 382.73 マイル (615.94 km)
  • 最高速度: 97.0 マイル/時 (156.1 km/h)
  • 移動時間: 5時間31分
  • 移動平均速度: 69.3 マイル/時 (111.5 km/h)
  • 最低最高高度: 2143〜4122 フィート (653〜1256 m)
  • $3.019 x 4.325G = $13.06 — 10:43:25 CASEY'S GENERAL STORE — 510 S. Meridian Cozad, NE 69130
  • $3.199 x 3.736G = $11.95 11:53:32 FARMER'S RANCHERS CO. — 202 SW. 1st St., Mullen,NE 69152
  • $3.099 x 3.609G = $11.18 — 14:46:25 PUMP & PANTRY #34 — 101 W HWY-20 Gordon, NE

Click to trace the route

Trackback link:

トラックバック用URLを生成するには、JavaScriptを有効にしてください。


へへへ、やっと会えた。あはは。長かったなぁ〜ここまで。
絶対会えるとは思ってたけど、ホントに会えると嬉しいなぁ。

  
情報を記憶する

Emoticons /

酢ハムがいったいどんなハムなのかはともかく…
 

 

通知:
非公開:

注意: 使用できるタグは <b> と <i> のみです。URLやメールアドレスはそのまま記述すればリンクになります。